会社概要

グリッドエージェントとは About GridAgent

株式会社グリッドエージェントは、あらゆる業種業態で効果をもたらすストラテジック・ソーシング、及び流通全般にわたるサプライチェーン・ソリューションを提供するグローバル・リーディング・カンパニーNeogrid(ネオグリッド)と、GDSN準拠のグローバル商品情報管理ソリューションを提供するグローバル・リーディング・カンパニーatrify(アトリファイ)の、アジア太平洋地域の営業、サポートを担当する代理店企業、そして1WorldSync(ワンワールドシンク)のアジア地域のお客様サポートを行うパートナー企業として、2020年5月に、前身の株式会社ネオグリッド・エーピーから社名変更し設立されました。グリッドエージェントの提供するソリューションにより、ユーザは以下のような効果が期待できます。

  • ・ 調達コストの大幅な削減
  • ・ 最適な在庫量を的確に維持し収益を最大化
  • ・ 業務プロセスの効率化
  • ・ 内部統制とコンプライアンスの強化

Neogrid、atrify及び、1WorldSyncのソリューションは強固なセキュリティ環境の中に構築されたSaaSモデルのサービスとして提供され、企業競争力を短期間のうちに効率良く高めることができます。

株式会社グリッドエージェント 会社概要 GridAgent, Inc. Corporate Profile
社名 株式会社グリッドエージェント (英文表記:GridAgent, Inc.)
本社所在地 東京都千代田区麹町1-6-9 DIK麹町ビル3B
代表者 代表取締役社長 飯塚博文
創立 2007年7月(株式会社アジェントリクス・エーピーとして)
事業内容  インターネットを利用した電子商取引システムの運営、管理及び維持

代表取締役社長 飯塚博文

代表取締役社長 飯塚博文



会社沿革   History of GridAgent
2000年

WorldWide Retail Exchange(WWRE)
 米バージニア州アレキサンドリアで設立
GlobalnetXchange(GNX)
 米カリフォルニア州サンフランシスコで設立
2001年

ワールドワイド・リテール・エクスチェンジ(WWRE)日本支社開設、
グローバルネットエクスチェンジ・ジャパン株式会社設立(GNX)
2005年
WWREとGNXが合併し、AGENTRICS(アジェントリクス)を設立
アジェントリクス・インターナショナル日本支社を開設
2007年 株式会社アジェントリクス・エーピーとして活動開始
2008年 アジェントリクスのデータプール事業部門とSINFOS(ジンフォス(独))が合併し、SA2 WORLDSYNC(独)を設立
2012年 1SYNC(米)とSA2 WORLDSYNC(独)が合併し、1WORLDSYNC Holdings(米)を設立
2015年 株式会社ネオグリッド・エーピーに社名変更
2018年 1WORLDSYNC Holdingsとアジア太平洋地域代理店契約を締結
2019年 1WORLDSYNC Holdingsが、1WORLDSYNC,Inc.(米)とatrify,GmbH(独)に分社されatrifyはGS1ドイツの100%子会社として事業開始。atrifyのアジア太平洋地域代理店契約を締結
2020年 株式会社グリッドエージェントに社名変更

■東京本社へのアクセス

住所

〒102-0083
東京都千代田区麹町1-6-9
DIK麹町ビル3B

電話

代表:03-5215-6640

最寄駅からのアクセス(時間)

半蔵門駅(地下鉄 半蔵門線)
3aまたは3b 3分

麹町駅(地下鉄 有楽町線)
3番 6分


ネオグリッドとは About Neogrid

アメリカ合衆国イリノイ州シカゴに本社を持つNeogrid(ネオグリッド)は、グローバル大手小売業各社が、業務の効率化と品質の向上を目的として2000年に共同で設立した組織です。2005年には前身のグローバルネットエクスチェンジ(GNX)とワールドワイドリテールエクスチェンジ(WWRE)の2社が合併して誕生しました。グローバル大手小売業のノウハウをベースに開発されたソリューションは、小売業のみならず、卸売業、製造業やサービス業など、その他業種の要望にも幅広く対応できるようになりました。
ネオグリッドは、北米・南米・ヨーロッパ・アジアの4つの地域で業務展開し、現在、世界34カ国200,000社以上のお客様に、日本語を含む18の言語でサービスを提供しています。

ネオグリッド社のホームページはこちら(英語)



アトリファイとは About atrify

ドイツ連邦共和国ケルンに本社を持つatrify(アトリファイ)は、2019年7月に、1WORLDSYNC HLDS(米)からGS1ドイツが100%株式を取得し、1WORLDSYNC,GmbHから社名変更して誕生しました。主なサービスは、製造業が商品を流通するために必要な商品識別コード(GTIN)を、小売業や医療機器登録認証機関と商取引、各種承認登録等を行うためにグローバルデータ同期化ネットワーク(GDSN = Global Data Synchronization Network) に接続するデータ登録環境を提供することです。atrifyのデータプール・サービスは、世界各国のGS1データプールとしても長期に渡り活用されており、GDSN標準データプールの第一人者としての地位を確立しています。

アトリファイ社のホームページはこちら(英語)

ワンワールドシンクとは About 1WorldSync

アメリカ合衆国オハイオ州に本社を持つ1WorldSync(ワンワールドシンク)は世界60カ国、25,000以上の顧客を有する商品情報管理とグローバルデータ同期化ネットワーク(GDSN)認証を受けたデータプール・ソリューション分野におけるグローバルリーダーです。 1WorldSyncのソリューションとサービスは、企業向け、消費者向けの信頼できる商品情報の共有を可能にし、企業においては業務効率を改善し、世界中の人々の生活をより便利にしています。商品識別・共有における国際標準を開発・管理を行う国際組織GS1のメンバーの1社で、米国と欧州における最大のデータプールである1SYNCとSA2 WORLDSYNCが経営統合し、2012年に1WorldSyncは誕生しました。

ワンワールドシンク社のホームページはこちら(英語)